ウィッグの手入れ方法

MENU

ウィッグの手入れ方法

せっかく気に入って購入したウィッグは、出来れば長持ちさせて綺麗に使って行きたいところですがそのためには毎日のお手入れが鍵となりますので、ぜひともコツを掴んでお洒落を楽しみましょう。

 

ウィッグは静電気が大変起こり易く、地毛と同じようなブラッシングの仕方をしてしまうと切れ毛や絡みの原因となり、すぐに痛んでしまいますので、静電気予防効果のあるウィッグ専用ブラシと、専用スプレー、ウィッグスタンドを用意することをお勧めします。

 

ブラッシングの方法ですが、まずは髪をいくつかに分けた後、毛束をとり毛先のほうから丁寧にとかしますが、髪の毛にカールなどのクセがついてるウィッグは、ブラッシンングでウェーブがゆるくなる可能性があるので注意しましょう。

 

ウィッグの洗髪の仕方ですが、まずはウィッグを丸洗いできる容器を準備し、薄めにシャンプー剤を入れたぬるま湯の中に、裏返しにしたウィッグを入れて丁寧に押し洗いし、その後ぬるま湯を何度か変えながら、すすぎ、トリートメントの順に同様に行います。

 

液剤が残っていないか確認したあと、通常の形にウィッグを戻し、タオルで包み込むようにポンポンと軽く押さえながら乾かして行きます。

 

最後にウィッグスタンドにウィッグを置き、風通しのの良いところで自然乾燥させ、完全に水気が乾いたら再度ブラッシングの行程を行って終了です。

 

必ず注意しなければいけない点は、乾いていない状態で無理矢理ブラッシングすると大きな痛みの原因になりますので、絶対に行わないようにしましょう。